パナソニック・ホームパソコンサポートトップ > ダウンロード

名称 2009年10月以降に発売されたパナソニックパソコン対象
Windows 7/8/8.1/10用 サービスパス脆弱性対応ユーティリティ
更新日 2018/10/31 管理NO:  004810
対象機種
2009年10月以降に発売されたパナソニックパソコンで、工場出荷時に
下記対象OSがプリインストールされている機種が対象となります。
対象OS Windows 7(32bit)Windows 7(64bit)Windows 8(64bit)Windows 8.1(64bit)Windows 10(64bit)
登録名/容量

RSrvPath_V1.00L10.exe / 501,392 bytes

RSrvPath_V1.00L10_jp.pdf / 169,870 bytes

著作者 パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 モバイルソリューションズ事業部
Copyright (C) パナソニック株式会社 2018
転載条件 転載不可

ソフト紹介

本ユーティリティは、上記対象機種のサービスパス脆弱性対応ユーティリティです。

お知らせ

■ 脆弱性の内容について

パナソニック製アプリケーションから登録している一部Windowsサービスには、引用符で囲まれていない Windows検索パスにより、権限を取得される脆弱性が存在します。


■ 想定される影響について

PCのアクセス権を持つローカルユーザーにより、空白文字を含むパスの最初の部分から構成される名前を持つアプリケーションを介して、権限を取得される可能性があります。


■ CVSS脆弱性のスコア値 について

CVSS v3.0 : 基本値 6.7 (警告) (AV:L/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H)
CVSS v2.0 : 基本値 4.6 (警告) (AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P)

注意事項

本アプリケーションが修復するサービスパスの脆弱性は工場出荷時にプリインストールされているパナソニック製アプリケーションのみになります。

ダウンロードと展開

(1) 本ページに掲載されているプログラムをダウンロードします。
直接実行せず、任意のフォルダやドライブを指定して保存してください。
(2) 保存したプログラムを実行し、作業用フォルダにファイルを展開します。
作業用フォルダは、プログラムが自動的に作成しますので、特に変更する必要はありません。
(3) プログラムを実行後、作業用フォルダが生成されます。
その中にプログラムが含まれます。

作業を行う際は、本ページに掲載されている手順書(PDFファイル)を参照の上作業を行ってください。(事前にプリントアウトしてから作業されることを、お勧めいたします。)

ダウンロード

アップデートプログラムは自己解凍式となっておりますが、対象機種にのみ実行が可能となっております。
対象機種外では、実行することができませんので、ご注意ください。
ファイルは直接実行せず、任意のフォルダやドライブを指定して保存してください。

  1. 【01】

    サービスパス脆弱性対応ユーティリティ

    RSrvPath_V1.00L10.exe / 501,392 bytes

    リストへ追加

    proccessing追加中...

    Checkedリスト追加済

  2. 【02】

    サービスパス脆弱性対応ユーティリティ操作手順書

    RSrvPath_V1.00L10_jp.pdf / 169,870 bytes

    リストへ追加

    proccessing追加中...

    Checkedリスト追加済

PDFファイルをご覧になるには、Adobe(R) Readerが必要です。 Adobe Readerをダウンロードするには、右の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックしてください。

Get_adobe_reader
トップへ戻る
このウィンドウを閉じる

パナソニック・ホームパソコンサポートトップ > ダウンロード