パナソニック・ホームパソコンサポートトップ > よくある質問(FAQ)

タイトル 【CF-B10EWADR】システム構成ユーティリティのサービス内容のチェック方法
最終更新日 2011/09/09 管理NO:003011
対象OS Windows7
対象シリーズ
  • Let's note
    CF-B10シリーズ(CF-B10Eモデル)

質問

パソコンの動作が不安定なため、システム構成ユーティリティのサービスに登録されている不要なサービスを停止しようと思います。 CF-B10EWADRで登録されているサービスの停止方法を教えてください。

回答

パソコンの動作が不安定な場合、Windows のシステム構成ユーティリティを使用して、バックグラウンドで動作するサービスやプロセスを無効にして問題の切り分けを行うことができます。
バックグラウンドで動作する問題となるサービスやプロセ スを無効にすることで、動作を安定させたり、システムへの負荷を軽減して、アプリケーションのフリーズやエラーなどの問題を解決します。

システム構成ユーティリティに登録されているサービスの停止方法と、工場出荷状態のサービスの項目は下記の通りです。

登録されているサービスの停止方法
下記の手順で、サービスを停止してください。
  1. 「スタート」をクリックし、[プログラムとファイルの検索]を選択し、「msconfig」と入力し、[Enter]キーを押します。
  2. 「サービス」タブをクリックし、[Microsoftのサービスをすべて隠す]にチェックを入れます。
  3. 下記の「工場出荷時のサービス項目」と比較し、余分なサービスが入っている場合は、一旦チェックを外します。
    (念のため、どの部分のチェックを外したか、メモ等残されることをおすすめします。)
  4. 「OK」をクリックすると、再起動を促す画面が示されるので、[再起動]をクリックします。
  5. 再起動後、現象が改善されているかご確認ください。
    現象が改善されない場合は、別の原因が考えられます。
    下記FAQを参照し、サービス項目が原因かどうかの特定を行ってください。
    http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/002995

工場出荷時のサービス項目
工場出荷状態でサービスに登録されている項目は、下記の内容になっております。
※下図はMicrosoftのサービスを除くサービス項目全てを表示するために合成した画像です。

 
 
トップへ戻る
このウィンドウを閉じる

パナソニック・ホームパソコンサポートトップ > よくある質問(FAQ)