パナソニック・ホームパソコンサポートトップ > よくある質問(FAQ)

タイトル [Windows 7] クイックブートマネージャーの設定方法
最終更新日 2012/02/24 管理NO:002779
対象OS Windows7
対象シリーズ
  • Let's note
    CF-SX1シリーズ、CF-NX1シリーズ、CF-B10シリーズ、CF-S10シリーズ、CF-N10シリーズ、CF-J10シリーズ、CF-J9シリーズ

質問

Windows 7環境で、クイックブートマネージャーの設定方法を教えてください。

回答

クイックブートマネージャーの設定方法は、以下のどちからの方法で設定が可能です。

  1. かんたん高速起動設定モードを使用する方法
  2. 高速起動詳細設定ウィザードモードを使用する方法
【補足情報】
クイックブートマネージャーとは、パソコンの起動時の動作を変更することで、Windowsが起動するまでの時間を短縮するアプリケーションソフトです。

1.かんたん高速起動設定モードを使用する方法
  1. パソコンの電源を入れ、Windowsを起動します。
  2. [スタート]より[すべてのプログラム]-[Panasonic]-[クイックブートマネージャー]をクリックします。
  3. 「ユーザーアカウントの制御」画面が表示されるので、「はい」をクリックします。

     
  4. 「かんたん高速起動設定モード」をクリックします。


     
  5. 「かんたん高速起動設定モード」を適用した場合の制限事項が表示されますので、内容をよく確認して「かんたん高速起動設定を使用する」にチェックを入れ[完了]をクリックします。


     
  6. [OK]をクリックします。


    【参考情報】
    「かんたん高速起動設定モード」では以下の内容が設定されます。
    設定項目 設定内容
    電源オン時の初期化(Boot Mode)を高速にする セットアップユーティリティの「起動」メニューの「Boot Mode」を「高速」に設定し、本機の電源を入れた直後に表示される「Panasonic」起動画面を省略してWindowsの起動画面が表示されるまでの時間を省略します。
    その他のWindowsの設定を変更する 次の設定を行うことで、Windowsの起動時間を省略します。
    ・Windowsのシステムファイルをできる限り物理メモリーに配置する。
    ・Windows起動時のロゴ表示を省略する。

2.高速起動詳細設定ウィザードモードを使用する方法
  1. パソコンの電源を入れ、Windowsを起動します。
  2. [スタート]より[すべてのプログラム]-[Panasonic]-[クイックブートマネージャー]をクリックします。
  3. 「ユーザーアカウントの制御」画面が表示されるので、「はい」をクリックします。
  4. 「高速起動詳細設定ウィザードモード」をクリックします。
  5. 以下の項目について、設定するかしないかを確認しながら進めます。
    機種によっては設定できない(表示されない)項目がありますのでご注意ください。
    各項目の設定では、設定内容と制限事項が表示されますのでよく確認して、設定するかしないかを決定してください。
    設定項目 設定内容
    電源オン時の初期化(Boot Mode)を高速にする セットアップユーティリティの「起動」メニューの「Boot Mode」を「高速」に設定し、本機の電源を入れた直後に表示される「Panasonic」起動画面を省略してWindowsの起動画面が表示されるまでの時間を省略します。
    デバイスやサービスを遅延する ※1
    (SSD搭載モデルのみ)
    有線LAN、無線LAN、使われていないPCI Expressルートポートおよびプリインストールサービスの初期化をWindowsへのログイン後に行うことで、Windowsの起動時間を短縮します。
    復元ポイント作成機能を調整する 復元ポイントを削除したり、作成を抑制したりすることで、Windowsの起動時間を短縮します。
    ※SSDモデルでは設定できません。
    その他のWindowsの設定を変更する 次の設定を行うことで、Windowsの起動時間を省略します。
    ・Windowsのシステムファイルをできる限り物理メモリーに配置する。
    ・Windows起動時のロゴ表示を省略する。
    ・ログオン時にデスクトップの準備完了を待たない。(SSD搭載モデルのみ)
    ※1:この項目を設定した状態で、SDカードを挿したままWindowsを起動すると、Windowsに
       ログオン後、35秒程度ホットキー(Fn + Fxx)が効きません。
       35秒経過すると、それまでに押したホットキーの効果が一気に現れますのでご注意
       ください。
       回避方法は、起動時にSDを装着しないようにするか、「デバイスやサービスの遅延」
       設定をしないようにしてください。
  6. 電源オン時の初期化(Boot Mode)を高速にする場合は、チェックボックスにチェックを入れて[次へ]をクリックします。
  7. デバイスとサービスの開始を遅延する場合は、チェックボックスにチェックを入れて[次へ]をクリックします。


    ※SSD搭載モデルのみ設定画面が表示されます。
    次の画面でログオン前に使用するデバイスとサービスを対象外に設定できます。
    表示されている機能を使用しない場合は、チェックをはずして[次へ]をクリックします。
  8. 復元ポイント作成機能を調整する場合は、チェックボックスにチェックを入れて[次へ]をクリックします。
    ※SSD搭載モデルではこの画面は表示されません。


    既に作成済みの復元ポイントを削除してもよい場合は、[復元ポイントを削除する]をクリックします。
    1. 復元ポイントを全て削除してよい場合は、[はい]をクリックします。

      復元ポイントの削除が完了するまでしばらく時間がかかります。
    2. 削除が完了したら、[OK]をクリックします。
    3. 元の画面に戻りますので、[次へ]をクリックします。
  9. その他のWindowsの設定を変更する場合は、チェックボックスにチェックを入れて[次へ]をクリックします。

    ※「ログオン時にデスクトップの準備完了を待たない」の項目はSSD搭載モデルでのみ表示されます。
  10. 設定の確認画面が表示されます。
    起動時間が、最大何秒短縮できるか表示されます。
    設定を変更する場合は、各項目をクリックして、再度設定しなおしてください。

    SSD搭載モデルでの例(CF-J10Qシリーズ)

    HDD搭載モデルでの例(CF-B10Aシリーズ)
  11. 設定内容が問題なければ、[完了]をクリックします。
  12. [OK]をクリックします。


    【参考情報】
    クイックブートの設定をクリアしたい場合は、再度クイックブートを起動し、[すべての設定をクリア]-[はい]をクリックします。

【関連情報】
下記の対象機種において、クイックブートマネージャーで高速起動詳細設定を有効にした状態での、タッチパッドドライバーの安定性を向上した「フラットパッドドライバー」を公開しております。
下記URLよりダウンロードし、アップデートを行ってください。

■対象機種
 CF-J10SYBHR、CF-J10SYNHR、CF-N10DVKDP、CF-J10SEEDP、CF-J10DELDP、CF-J10SE2DU

CF-N10D,J10S,J10Dシリーズ(SSD搭載モデル)
フラットパッドドライバー アップデートプログラム(15.2.20.0)

http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/002786
トップへ戻る
このウィンドウを閉じる

パナソニック・ホームパソコンサポートトップ > よくある質問(FAQ)