パナソニック・ホームパソコンサポートトップ > よくある質問(FAQ)

タイトル 海外でパソコンを使用する際に、注意することや準備・確認するものを教えてください。
最終更新日 2018/12/17 管理NO:002626
対象OS
対象シリーズ
  • Let's note

質問

海外でパソコンを使用する際に、注意することや準備・確認するものを教えてください。

回答

海外でパソコンを使用する際の注意事項や準備・確認するものは、下記内容をご確認ください。

注意事項
海外でのご利用について当社Let's noteをはじめ、日本国内向けモデルにつきましては、日本国内での様々な認証を取得しているため「日本国内での利用のみ動作保証」をさせていただいています。
そのため、認証していない環境での動作保証ができませんので、海外への持ち出しおよび海外でのご利用は、お客様の自己責任で対応をお願いいたします。
 

準備・確認事項
[1] 使用国向けの「ACコード」または「変圧器」の準備
当社製レッツノートパソコンのACアダプターにつきましては、AC100V~240Vに対応いたしております。
しかしながら、ACコードにつきましては、100V専用となっております。
そのため、海外でご利用の際には、当該国で利用可能なACコードをご用意の上で取り替えていただくか、変圧器でAC100Vまで降圧してお使いいただく必要がございます。
※当社では、海外対応のACコード、変圧器は販売いたしておりません。
  1. 「ACコード」をご準備いただく場合
    ・周辺機器メーカーで販売されている各国対応のACコードをご準備ください。
    ・各国対応のコンセントコネクタ形状で、かつ、240Vまでのものが必要となります。
  2. 「変圧器」をご準備いただく場合
    ・周辺機器メーカーで販売されているものをご準備ください。
    ・変圧器はトランス型で、パソコン本体の消費電力以上の許容範囲をもったものを
     ご用意ください。
     また、滞在国のコンセント形状のピン配置で、かつ、アースが取れているものを
     お使いください。
上記1.、2.どちらの場合も、動作保証はできませんので、お客様の自己責任においてご準備ください。
 
[2] 該非判定書のご請求
当社の国内向けパソコンを海外に持ち出す場合、通関時に輸出貿易管理令別表第1及び外国為替令別表に基づく該非判定書を要求されることがあります。
渡航先やパソコンを持ち帰るか否かによって、該非判定書の要/不要が分かれますので、はっきりしない場合は、あらかじめご請求ください。
該非判定書につきましては、下記ページにてダウンロード又は申請していただきますようお願いいたします。

 ≫ パソコンを輸出する際のご注意

製品安全データシートSDS(MSDS)につきましても必要な場合は、上記ページの「SDS(MSDS)のダウンロード」よりダウンロードしてください。
SDS(MSDS)についても、要/不要がはっきりしない場合は、ダウンロードされておくことをお勧めします。
 
[3] 海外修理サービスのご登録
海外修理サービスは、日本国内で購入されたレッツノートが、海外修理サービス対象地域において故障した場合に、下記【利用条件】の機種に対して無償修理サービスの提供を行うものです。
長期間、海外に滞在される場合などにご利用ください。

【利用条件】
海外修理サービスを受けていただくには、以下の条件が必要となります。
 ・対象モデルであること
(日本国内仕様の個人向け店頭販売モデル、およびパナソニック ストアモデル)
 ・商品ご購入日より1年間の有効期間内であること
(有効期限を過ぎた後は、有償修理となります)
 ・事前にご登録いただくこと
 ・登録いただいた際に郵送されるステッカーが、登録されたパソコンに貼り付けられていること
 ・修理依頼時の海外ご滞在先がサービス対象地域であること

なお、本サービス期間内でも次の場合には、有料にさせていただきます。
 ・事前の海外修理サービス登録を行っていない場合
 ・使用上の誤り及び不当な修理や改造による故障及び損傷
 ・お買い上げ後の輸送、移動時の落下、衝撃等、お客様の取扱いが適正でないために生じた
故障及び損傷
 ・火災、地震、水害、落雷、その他天災地変及び公害、煙害、ガス害(硫化ガス等)、異常電圧、
指定外の使用電源(電圧、周波数)等による故障及び損傷
 ・車両、船舶等に搭載された場合に生ずる故障及び損傷
 ・ソフトウエア起因による故障及び消耗部品の交換

また、「対象機種でない」「対象地域でない」「ご登録いただいていない」場合は、ご帰国の際に修理依頼していただくか、お客様にて日本のご家族や、お勤め先に送付していただき、日本国内で修理依頼していただくこととなります。
詳しくは、関連FAQを参照ください。

海外修理サービスの詳細につきましては、以下ページに記載の内容をご確認ください。
 ≫ 海外修理サービスのご案内

※海外修理サービスを受けていただく際に、現地の運送会社や修理会社と直接やり取りして
いただく必要があります。
日本語のできるスタッフはいませんのでご注意ください。
[4] 無線LAN接続について
無線LANの暗号化、通信形式は規格化されていますが、海外での通信については動作保証外です。
仕向地の独自規格や電波法に基づいて運用が必要です。
不安であれば、有線LANケーブルをご準備いただき、ご利用ください。
 
トップへ戻る
このウィンドウを閉じる

パナソニック・ホームパソコンサポートトップ > よくある質問(FAQ)