パナソニック・ホームパソコンサポートトップ > よくある質問(FAQ)

タイトル [Windows XP] 特定のアプリケーションソフトに対してDEP機能(データ実行防止機能)を無効にする方法を教えてください。
最終更新日 2008/07/03 管理NO:001999
対象OS WindowsXP
対象シリーズ
  • Let's note
  • TOUGHBOOK

質問

特定のアプリケーションソフトに対してDEP機能(データ実行防止機能)を無効にする方法を教えてください。(Windows XPの場合)

回答

DEP機能によってアプリケーションソフトが起動できなかった場合は、メッセージ画面を閉じ、アプリケーションソフトが安全かどうかを開発元にご確認ください。
安全が確認できれば、次の手順で特定のアプリケーションソフトに対してDEP機能を無効にしてください。

  1. コンピューターの管理者の権限でログオンします。


  2. [スタート]より[コントロールパネル]をクリックします。


  3. [[パフォーマンスとメンテナンス]をクリックします。


  4. [システム]をクリックします。


  5. [詳細設定]をクリックし、[パフォーマンス]の項目の[設定]をクリックします。


  6. [データ実行防止]をクリックします。


  7. 対象のアプリケーションソフトをクリックしてチェックマークを付けます。
    対象のアプリケーションソフトが表示されていない場合は、[追加]をクリックしてアプリケーションソフトの実行ファイルを選んでください。


  8. [OK]をクリックします。


  9. パソコンを再起動します。
    再起動後、DEP機能が有効になります。

【参考情報】
PC Cafe:データ実行防止機能(DEP機能)について
http://askpc.panasonic.co.jp/beginner/topics/security12.html

すべてのアプリケーションソフトに対してDEP機能(データ実行防止機能)を有効にする方法を教えてください。
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/01997
トップへ戻る
このウィンドウを閉じる

パナソニック・ホームパソコンサポートトップ > よくある質問(FAQ)