パナソニック・ホームパソコンサポートトップ > よくある質問(FAQ)

タイトル Windows XP SP2 を導入後、内蔵 LAN が正常に動作しなくなったり、バッテリーでの駆動時間が短くなることがあります。
最終更新日 2006/11/09 管理NO:000400
対象OS WindowsXP
対象シリーズ
  • Let's note
    CF-Y2シリーズ、CF-W2シリーズ、CF-T2シリーズ、CF-R3シリーズ、CF-R2シリーズ、CF-R1シリーズ、CF-T1シリーズ、CF-A3シリーズ、CF-A2シリーズ、CF-L2シリーズ
  • HITO
    CF-X10シリーズ
  • TOUGHBOOK
    CF-29シリーズ、CF-18シリーズ、CF-73シリーズ

質問

Windows XP SP2 を導入後、内蔵 LAN が正常に動作しなくなったり、バッテリーでの駆動時間が短くなることがあります。

回答

この現象が発生した場合は、下記の手順で、内蔵LANのドライバーを再認識させてください。

下記の手順は C:\util\drivers フォルダーが存在することを前提にしています。
他のメディアなどに移動している場合は、工場出荷時の状態に戻してください。
   
(1) [スタート]→[コントロールパネル]→[パフォーマンスとメンテナンス]→[システム]→[ハードウェア]→[デバイスマネージャ]の順にクリックします。
   
(2) 「ネットワークアダプタ」をダブルクリックし、「ネットワークアダプタ」の下に「Realtek RTL8139/810X Family PCI Fast Ethernet NIC」をダブルクリックします。
   
(3) [ドライバ]タブをクリックして、[ドライバの詳細(D)]をクリックします。
   
(4) ファイルバージョンが 5.398.613.2003 になっていることを確認します。
   
バージョンが異なっている場合には、下記の手順は必要ありません。
   
(5) [OK]をクリックして、[削除]を選択します。
   
(6) デバイスの削除の確認ダイアログが表示されますので、[OK]をクリックします。
   
(7) [操作]→[ハードウェア変更のスキャン]をクリックします。新しいデバイスが認識され、ドライバーがインストールされます。
   
(8) [詳細設定]タブをクリックして、プロパティ(P) のリストの中の[Link Down Power Saving] を選択します。
   
(9) 値(V)が [Disable] になっているので [Enable] に変更し、[OK]をクリックします。


【参考情報】
Windows XP SP2に関する情報は、下記URLで掲載していますので、こちらもご確認下さい。

個人向けPC
http://askpc.panasonic.co.jp/r/windows/servicepack/xp/sp2.html

法人向けPC
http://askpc.panasonic.co.jp/s/wxp/sp2.html
トップへ戻る
このウィンドウを閉じる

パナソニック・ホームパソコンサポートトップ > よくある質問(FAQ)